mo49
10/4/2019 - 11:35 AM

Python3Beginner.md

初心者の躓きポイントと知っておくと良いテクニックのメモ

三項演算子

公式:(変数) = (条件がTrueのときの値) if (条件) else (条件がFalseのときの値)

score = 100
result = "good" if score > 80 else "bad"
print(result) # good

else

ループ処理が終わったタイミングもとれるらしい

while

i = 0
while i < 3:
    print(i)
    i += 1
else:
    print("while, end")

for

for i in range(3):
    print(i)
else:
    print("for, end")

pass

何もしない。外枠だけざっと決めたいときなどに使う

def say_hello():
    pass
print(say_hello()) # None

cf. Pythonのpass文の使い方

format

str(1)といったキャストが複数続いた時に使えるとよりスマート

text = 'name -> {0:>10s}\nscore -> {1:<10.2f}'.format('sato',30.2)
# name -> 表示幅:10, s:string, >:右揃え
# score -> 表示幅:10, 小数点以下2桁, f:float, >:左揃え
print(text)
# name ->       sato
# score -> 30.20     

↓こういうのも便利

桁数指定でゼロ埋め

print('{:05}'.format(255)) # 00255
print('{:08}'.format(255)) # 00000255

スコープ

関数内でのグローバル変数の扱い

代入する場合はglobal宣言しないとエラー

x = 5 
def add():
    global x # 宣言しないと書き換えられない
    x += 1
add() 
print(x)

参照するだけならglobal宣言は要らないけど・・・

# 参照するだけでもglobal宣言しておいた方がわかりやすい
x = 5 
def print_x():
    print(x)
print_x() 

しかし副作用を防ぐため、できる限り関数内からグローバル変数にアクセスしないほうがいい

引数で渡す形が良い

x = 5 
def add(x):
    x += 1
    return x
x = add(x) 
print(x)

リスト

リストの落とし穴

x = ["a", "b", "c"]
y = x.append("d")
print(x) # ['a', 'b', 'c', 'd'] 変数が置き換わる
print(y) # None 返ってくるのはNone

文字列の場合

x = "abcdef"
y = x.upper()
print(x) # abcdef 変数はそのまま
print(y) # ABCDEF 返ってくるのは文字列
オブジェクトの種類メソッドを実行した後の変数メソッドが返すもの
文字列変数はそのまま文字列
リスト変数が置き換わるNone

リスト内包表記

条件に一致するものに絞る | if

[expression for var in iterable if condition]

mapとfilterを同時に処理できているイメージ
if文でTrueとなったものがリスト作成の対象になる

eを含む名前を取り出し小文字にする

users = ["Yo", "Ken", "Nao", "Shin", "Lee"]
users = [u.lower() for u in users if u.find("e") != -1]
print(users) # ['ken', 'lee']

辞書内包表記

{key:value for v in iterable}

users = ["Yo", "Ken", "Nao", "Shin", "Lee"]
users = {u.upper(): len(u) for u in users}
print(users) # {'KEN': 3, 'LEE': 3, 'NAO': 3, 'SHIN': 4, 'YO': 2}

複数リストを同時にループ | zip

「あいうえお・・・」を分解し元に戻す

str_ = list('あいうえおかきくけこさしすせそ')
a = str_[::2] # 奇数
b = str_[1::2] # 偶数
print(a) # ['あ', 'う', 'お', 'き', 'け', 'さ', 'す', 'そ']
print(b) # ['い', 'え', 'か', 'く', 'こ', 'し', 'せ']
# 区切り文字列.join(シーケンス)
moto = "".join([ _a + _b for _a,_b in zip(a,b) ])
print(moto) # あいうえおかきくけこさしすせ

https://docs.python.jp/3/library/functions.html#zip

セット / ディクショナリー

set => 重複なし、順序なし、ハッシュで捜査

dictionary => setにおけるハッシュの使い方にValueを追加したもの

s = {1,2,3,4,5}
print(type(s)) # <class 'set'>

d = {} # 空だとdictionaryになるので注意
print(type(d)) # <class 'dict'>

可変長引数とキーワード引数

タプルと辞書型

記述受け取る型
*タプル
**辞書型
# 可変長引数、キーワード引数の順番は守る
def print_args_kwargs(*args, **kwargs):
    print(args) # (1, 2, 3)
    print(kwargs) # {'age': 25, 'name': 'sato'}
print_args_kwargs(1,2,3, age=25, name='sato')

キーワード引数の辞書化

引数をdictionaryで渡す

def say_hello(name, age):
    print(name, age) # sato 25
user = {'name':'sato', 'age':25}
say_hello(**user) # ** 辞書型

cf. Python超入門(番外1):*arg と **kwarg

クラス

self

クラスから作られるインスタンスを指す。
クラスのインスタンスメソッドやコンストラクタの第一引数。忘れがち。
selfに紐づく変数は「インスタンス変数」、メソッドは「インスタンスメソッド」と呼ぶ。

クラス変数(定数)・メソッド

classに紐づく変数は「クラス変数」、メソッドは「クラスメソッド」と呼ぶ。

class Player:
    # クラス変数
    count = 0
    # クラス定数(大文字)
    GUILD = "KoB"
    def __init__(self):
        Player.count += 1
    # クラスメソッド
    @classmethod 
    def show_count(cls):
        # selfを受け取っていないので
        # インスタンス変数・メソッドは使えない
        print("{} instances".format(cls.count))
        
    # スタティックメソッド
    # 第一引数のないクラスメソッドのようなもの
    @staticmethod
    def show_guild():
        print(Player.GUILD)

player01 = Player()
player02 = Player()
player03 = Player()

# インスタンス化せずに呼べる
print(Player.count) # 3
Player.show_count() # 3 instances

# 同名のインスタンス変数がない場合、インスタンスからもクラス変数を呼べる
print(player01.count) # 3

Player.show_guild() # KoB

クラス定数でデータ管理

↓こんな感じでデータを管理すると便利

定数で色を管理する

class Color:
    MAIN = '#f00'
    SUB = '#00f'
    FONT = '#fff'
print(Color.MAIN) # #f00

プライベート変数・メソッド

アンダースコア2つ「_」で外部からアクセスできなくなる
アンダースコア1つ「
」は形だけ

class Player:
    def __init__(self):
        self.name = 'sato'
    def __method(self):
        print(self.name)

player01 = Player()
player01.__method() # error

※プライベートメソッド・変数は「name mangling」されているだけなので、強引に呼び出そうと思えば可能だがやっちゃダメ。

ゲッター・セッター

外部から操作する必要のあるインスタンス変数に使う

ラムダ式

lambda 引数:式
関数をオブジェクトとして返す
関数渡しの際にいちいち関数をつくるのではなく、無名関数で済ませられる場合などに使えるとスマート

lambda_test = lambda x, y : print('lambda_test : {}, {}'.format(x, y)) # function <lambda>
lambda_test('hello', 'lambda') # lambda_test : hello, lambda

filter()と相性がよい

# filter(関数,リスト)
filter_obj = filter(lambda x : x % 2 == 0, range(10))
print(list(filter_obj)) # [0, 2, 4, 6, 8]

cf.